あくどい闇金融という犯罪者

喉元すぎれば熱さを忘れるといいますが、私は特にその傾向が強いです。
ついつい、自分の欲望のままにお金を使い込んでしまって、生活費がなくなり
反省しつつも、生活費はなくてはなりませんから、消費者金融などの
カードローンでキャッシングして補填をして、もう二度とこんなことには
ならないぞとその時は思うのですが、またその次の月も同じことを繰り返し…。
そんなことをしている間に借金の総額はどんどん増えていきました。
最初のうちは貸金業者もどうぞ借りてくださいとばかりにすぐに審査に
受かって融資を受けさせてくれましたが、借金が増えるとなかなかそうもいきません。
新規で融資してくれるところも見つからず、けれど、借金を返済するためにも
借金をしなければまわっていかない状態で本当に焦っていました。
そんなときに、ある消費者金融がすぐに融資してくれると知人に教えてもらい
蜘蛛の糸をつかもうとあわてて契約してしまいました。
しかし、それは、地獄から抜け出す蜘蛛の糸ではなく、更なる地獄に
突き落とされる罠だったんです。
一見、何の変哲もない消費者金融…を装ったそれは闇金業者でした。
つまり、まんまと闇金手口にひっかかってしまったというわけです。
知人の紹介でお金を借りることになったので、もし、返済が少しでも遅れたら
知人に迷惑がかかるかもしれないと思って、必死でお金を工面しましたが
バカ高い闇金業者の利息の前では本当に焼け石に水。
結局、闇金業者に勧められるままに、その闇金業者の関連闇金業者を
紹介され、そこでもお金を借りる羽目になってしまいました。
普通の消費者金融や銀行から借りていても多重債務者というのは
蔑まれる対象だと思いますが、それが闇金でしているというのはとても情けなく、
精神的にもかなり病んでいってしまいました。
あまりにもボロボロな状態になった私は職場から病院に行くように言われ
そこで医者に洗いざらい今の現状を話したことがきっかけで、
弁護士を紹介してもらえることになり、借金相談をすることができました。
すぐに、債務整理で自己破産をすることになり、今はなんとかすべての
借金から開放されることができました。
もちろん、一度、精神を病んでしまうとその原因がなくなっても
フラッシュバックなどもありますし、なかなか完治しないので、
引き続き、通院と投薬の治療は今もしています。
今は生活保護をうけながら治療に専念していますが、もう二度と普通には
戻れないんじゃないかと不安で仕方がありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *