闇金対策として行えること

闇金はこれからお金を借りようとする人にとって最も警戒しなくてはならない存在となります。
事前に「闇金ですがその分融資しやすいですよ」と誘ってきたのであれば対策もしやすいのですが、闇金業者の中には時折まともな業者を装いつつ顧客を勧誘してくるようなところもあります。
ではそうした中で闇金対策として行えることとしてはどういったことがあるのかというと、まず基本的に行いたいのが登録番号の確認です。
例えば東京都であれば役所に対して申請がされ、それが受理された貸金業者に対しては「東京都知事(1)第12345号」というような登録番号が割り振られます。
ここで重要になるのが(1)という部分で、この数字は登録から3年ごとに更新をすることで一つずつ増えていくものです。
この数字が1になっているということは登録から間もない業者であるとして判断できますから、数字が1になっていて、かつ実績も定かではないというような相手は利用しない方が無難と言えます。
また現在金融庁では登録貸金業者情報検索サービスも提供していますから、そこで番号を入力すれば本当に登録しているかどうかも確認できますから、疑わしい業者は常にチェックしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *